EDになる原因って?

膝を抱えて落ち込む男性

ED治療を行う前に、まずは原因を知ることが大切になってきます。主な原因として考えられるのは「ストレス」と「生活習慣」、そして「加齢」です。

現代人は多くのストレスを抱えていると言われています。ストレスや不安が蓄積されると自律神経のバランスが乱れ、その結果EDの症状が引き起こされます。うつ病患者がEDになりやすいのもこのためです。

そして生活習慣の乱れにも注意が必要です。不摂生が重なることで動脈硬化などが起こると、陰茎周辺の血管にも影響が及び、血流が滞るようになります。陰茎に多くの血液を送られることで勃起するのですが、動脈硬化によってその作用が抑制されてしまいます。食生活の見直しや運動などを心がけるようにしましょう。

加齢はどの人間にも平等に生じるものなので、それがEDを引き起こすのは必然的とも言えます。年齢を重ねることで体力はどんどん低下していくのですが、筋肉や血管なども老化していくため、勃起することが難しくなります。50〜60代頃から加齢によるEDに陥る男性はとても多いのです。

とは言っても原因として挙げられる要素は他にもたくさんあります。病気や怪我によって神経系の問題が生じたり、特定の薬の副作用でEDになったりすることもあるのです。

ED治療薬であるレビトラは多くの原因で生じたEDに効きます。若い世代からシニア層にまで飲まれている薬であることから、その効果の高さが伺えるでしょう。レビトラは通販で買える薬なので、ED治療には最適です。即効性があるという特徴も魅力の1つです。

原因によっては薬の服用で治療できないこともあります。または他の病気の薬とED治療薬が併用できないこともあるため、心配であればまずは病院を受診してみることが大切です。