知って安心レビトラの副作用

白衣の男性が親指を立てている様子

レビトラにはバルデナフィルという有効成分が含まれています。この成分は血管を広げる働きを持っていて、EDの症状改善によく効きます。性的刺激を受けることで自然に勃起するようになるため、EDによって性生活が送れずにいるという方には最適な薬だと言えるでしょう。

しかしレビトラは効果が高い分、副作用もあります。そもそも全ての医薬品には副作用のリスクがあるものです。その詳細を知ることでより安全な服用が可能になります。レビトラは血管を広げる作用によりEDの症状を改善させる薬なので、血圧に影響が及ぶ可能性が考えられるでしょう。

レビトラの副作用として多く挙げられるものが、
・めまい
・体や顔の火照り
・鼻づまり
・動悸
などです。これらは全て血圧が上昇することで起こります。血管が拡張されると血流は必然的に多くなるため、このような症状が現れるのです。

その他にも色々な副作用が報告されていますが、重篤な症状に繋がるケースはわずかなので、多くの男性は安心してレビトラを服用できるでしょう。

しかし心疾患である場合や、他の病気の治療中だという男性は注意が必要です。レビトラを服用することで心臓や血管に大きな負担をかけてしまう可能性があります。もしED治療のためにレビトラを服用したいのであれば、かかりつけの医師にその旨を伝え、服用可能であるかどうかを尋ねてみましょう。

用法・用量を守らないことで副作用が顕著に現れるケースも考えられます。効果が高い薬は副作用も強くなるため、自己判断で多く服用するということは危険です。
また、レビトラ1錠の効果が強すぎると感じる場合は半分に割るなどして飲んでみることをオススメします。量を減らす分には問題ないので、体にかかる負担を抑えたいなら飲み方を工夫してみるといいでしょう。

通販で購入した薬の服用は全て自己責任です。だからこそ信頼できる通販を選択し、安全な薬を購入する必要があります。