レビトラの飲み方を知ろう

黄色い薬を指でつまみ上げる様子

薬の効果を最大限に発揮させるためには、正しい飲み方を理解しておくことが重要になります。レビトラは即効性があるED治療薬として有名ですが、飲み方によってはその効果が十分に発揮できなくなってしまいます。

レビトラの服用は性行為の1時間ほど前が理想的だとされています。薬に含まれる成分が血管を拡張させるためには、約1時間程度が必要なのです。空腹時であれば20〜30分ほどで効き始めるため、より高い即効性を求めているなら食前・食後の服用は避けるといいでしょう。

薬の効き始めから効果がなくなるまでの時間(作用時間)は5〜10時間とされています。通販で買えるレビトラは20mgが基本です。20mgなら作用時間が10時間程度なので、長く楽しみたいという人にはぴったりでしょう。

レビトラを服用する際はできるだけアルコールの摂取は避けることをオススメします。なぜならアルコールの成分がレビトラの血中濃度を低下させ、効果が半減してしまう恐れがあるからです。
もし飲酒を避けられない場合、お酒の量を控えめにするよう心がけましょう。そうすることでアルコールによる影響を受けにくくなります。

レビトラは即効性に優れた薬ですが、効果が現れるまでの時間には個人差があります。なかなか効かないからといって用量以上の薬を飲むと、副作用が強く現れてしまう恐れがあるため、追加で服用することは絶対にやめましょう。心臓疾患がある場合は医師の指示を仰ぐことも必要です。

注意事項さえ守れば安心してレビトラを服用できます。飲みタイミングなどを調整することでスムーズな性生活を送れるようになるため、用法・用量をしっかり守りましょう。購入前に注意事項などをしっかり確認しておくと安心して服用できます。